株主優待をもらうためには? 権利確定日をしっかり理解しよう

株主優待

株主優待目当てで個別株へ投資している、優待投資家さんも最近は増えてきた印象です。20代で優待株をたくさん持っている方もみかけるようになりました。是非、優待投資家さんとお友達になりたいです。

さて、これから優待株を買いたいと思っている方は、優待取得のためのルールを理解する必要があります。

今回は、株主優待取得のためのルールを紹介していきます。

株主優待取得のためのルール

①権利確定日
⇒株主名簿に記載され、株主優待や配当の権利が確定される日
②権利付き最終日
⇒権利確定日の2営業日前の日
③権利落ち日
⇒権利付き最終日の翌営業日
実はすごく簡単なルールです。
①権利確定日 ②権利付き最終 日③権利落ち日 を理解するだけです。
企業によって権利確定日が存在し、権利確定日は、株主名簿に記載され、株主優待や配当の権利が確定される日になります。一般的には、月末が多く、3月、6月、9月、12月に集中しています。
権利確定日に株を所有していれば良いのですが、権利確定日に株を買ってしまっては、優待や配当を得る権利がありません。
ここまででは、意味が分からないと思いますので具体的に解説していきます。

いつまでに株を買えば良いのか

いつまでに買えば良いのか?の正解は、『権利付き最終日』です。

権利付き最終日と権利確定日の間で休日を挟む場合は要注意です。土日祝日は、株の売買が出来ませんので必ず営業日数で数えましょう。

まとめ

配当金や優待を得る権利のルールについて紹介していきました。

優待株は、権利付き最終日に向かって株価が上昇する傾向があります。優待目当てで株の買いが集中するためです。逆に権利落ち日になると株の売りが集中し株価が下落する傾向にあります。この傾向を利用してキャピタルゲインを狙う投資家さんもいます。優待目当ての人は、権利付き最終日の直前ではなく余裕を持って株を買うことをお勧めします。

早速、欲しい優待株の権利付き最終日をチェックしましょう。

 


株主優待ランキング
記事が良かったらクリックをお願いします。

 

タイトルとURLをコピーしました