ノーマネーデイに挑戦 お金を使わない習慣を身につける 

暮らし

”No money day” ”NMD” ”ノーマネーデイ” をご存知でしょうか。

ここ数年、SNSや女性ファッション雑誌で見かけることが増えてきました。

今回は、ノーマネーデイについて解説していきます。

No money day とは

”No money day” ”NMD” ”ノーマネーデイ” はすべて同じことをいい、一日全くお金を使わない日 のことです。

とてもシンプルな節約方法です。ノーマネーデイを作ることで支出を見直し、無駄遣いを減らすことが出来ます。

私は1週間に2日を目標にノーマネーデイを実施しています。うまく仕事をコントロールできる週は実施日を増やしています。まずは、週1回ノーマネーデイを実施する を目標に始めてみるといいと思います。

No money day のメリット

ノーマネーデイを実施していくと、思っていたより多くの効果を感じることが出来ます。

支出をコントロールすることができるようになる

ノーマネーデイの日は、言葉通り1日お金を使うことが出来ません。その為、前もってお金を使わない準備をしておかなてはなりません。仕事がある日ではお弁当や飲み物、休日では食事やその他の生活用品などです。特別、予定がない日でも意外とお金を使っていることが多いのです。

週1日のノーマネーデイでも必然と買い物が計画的になり支出をコントロールすることが出来るようになります。

無駄遣いを見直すことができる

実は、毎日の支出を把握できていない人は少なくありません。

私もノーマネーデイを実施するまで、仕事帰りにふらっとコンビニに寄り、お菓子を買ったりコーヒーを買ったりしていました。ノーマネーデイの日は、コンビニに入らないように我慢します。ここで初めて、コンビニに寄ることが習慣化されていたことに気が付きました。毎回の金額が数百円でも1年もすれば非常に大きな額になりなす。

ノーマネーデイを実施すると無駄遣いをしない習慣が身に付くようになります。

No money day をストレスなく続けるポイント

ノーマネーデイは1日やるだけでは、長期的な節約効果は薄いと思いますが、とはいえ、ノーマネーデイでストレスが溜まってしまっては意味がありません。楽しくゲーム感覚で続けていく必要があります。

手帳にマークを付けてみよう

続けていくモチベーションUPのために、手帳や家計簿に記録を残しておくことはどうでしょうか。

後から見直すことも出来ますし達成感につながります。私は、ハートのシールを家計簿に貼っています。

目標日数をクリアしたらご褒美を

ノーマネーデイで日々の無駄遣いを減らすことが出来たら、たまには息抜きをすることも良いと思います。例えば、ノーマネーデイが50日出来たら、外食をするなど。目標を達成したご褒美は、また次のモチベーションに繋がります。

まとめ

ノーマネーデイ=一日全くお金を使わない日 

週1回からストレスを溜めず楽しくはじめてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました